徹底比較!おすすめコンプレッションインナー編


運動時のパフォーマンス向上や疲労の抑制・回復に効果的なコンプレッションインナーは、スポーツの場だけでなく、肉体を使う仕事でも活躍しています。さまざまなシーンで高い評価を受けるコンプレッションインナーですが、数多くのアイテムが販売されており、どれを選ぶべきか迷ってしまうという人もいます。

そこで、コンプレッションインナーを徹底比較します。

コンプレッションインナーのメリット

コンプレッションインナーは、アメリカのフットボール選手による発案で誕生したと言われています。体にジャストフィットするように作られたシャツですが、はじめはサイズを小さくつくることからスタートしました。その後、研究開発が進み、伸縮性の高い素材を使ってつくられるようになりました。

そして、フットボールという枠を超えて、さまざまなジャンルのアスリートの信頼を得ています。コンプレッションインナーを身に着けた時の効果は、主に3つあります。【パフォーマンスの向上】1つは、筋肉の動きをサポートし、ムダな動きをなくすことで、フィジカルパフォーマンスが向上することです。

身体にかかる圧力で、筋肉の動きがスムーズになり、その結果、運動効率が高くなるのです。加えて、不要な動きをコントロールし、エネルギーの消費を抑える効果もあるので、その人の能力を最大限に引き出すことにつながります。

【疲労の軽減と早期回復】2つめとしては、運動時の疲労を軽減し、回復を早める効果があります。筋肉を締め付けることによって、血液の循環を促進します。そのことで、栄養が体全体に供給されるのです。筋肉が疲労すると乳酸などがたまりますが、血液循環はそのような老廃物などを除去することにつながるため、疲れにくく、また疲労の回復を早める効果につながります。

【ケガ予防や痛みの軽減】

そして、3つめには、ケガの予防や体の痛みを軽減する働きがあります。外部からの圧迫は、テーピング効果にもなるため、関節の動きが固定されます。関節のケガは多くのアスリートが怖れるものですが、このテーピング効果によって、関節の損傷や痛みなどを軽減する働きがあります。

デメリットも理解しておきましょう

あらゆるシーンで信頼されているコンプレッションインナーですが、デメリットもないわけではありません。いくつかの注意点を説明します。【すべての動きにマッチするわけではない】体と筋肉の動きをサポートしてくれるコンプレッションインナーですが、すべての動きにマッチするわけではありません。

中には、適さない動きもあることは、知っておきましょう。

体操や格闘技の足技など、脚を大きく開く動作では、かえって効率を下げる場合もあります。また、皮膚への摩擦もあることから、アレルギーなどには十分留意したいものです。【睡眠時は着用しない】一部では、ダイエット効果もささやかれることから、寝るときにコンプレッションインナーを着用する人がいます。

しかし、これはおすすめでしません。脳を休めるためには、体温を下げておくことが必要です。そして、脳が休まったことで、体の疲労も解消されていきます。コンプレッションインナーには脂肪燃焼効果があるため、ダイエットに効果的な面があることは確かです。

しかし、眠っているときにコンプレッションインナーを着続けていると、体温が下がらず、脳が休まりません。長時間使用すれば痩せるという期待から、睡眠時にまで着用すると、体力の回復が遅れてしまいます。【サイズ選びは慎重に】

体を圧迫することで、コンプレッションインナーの効果は生まれます。ただし、圧迫の程度をしっかりと見極めてください。緩過ぎると効果は薄れますし、反対にきつ過ぎるとかえって血行が悪くなってしまいます。締め付けるという特性があるため、大抵のショップでは試着が可能ですので、試した後に自分に合ったサイズを購入しましょう。

(機能性が高いおすすめのコンプレッションインナー)

【アンダーアーマー】UAヒートギアアーマーコンプレッションロングスリーブクルー

コンプレッションインナーといえば、アンダーアーマーを連想する人も多いのではないでしょうか。コンプレッションインナーをこれほどまでに世に知らしめたアンダーアーマーの功績は、多大だと言わざるを得ません。伸縮性に優れ、高い吸汗機能と速乾機能を合わせもったUSヒートギアシリーズは、多くのジャンルのアスリートに幅広く対応します。

筋肉と関節の動きを計算しつくし、アスリートの動きを的確に支えてくれるので、安心して全力のパフォーマンスに臨むことができます。

【ナイキ】ナイキ プロロングスリーブトップ

ナイキも、コンプレッションインナーのラインナップを豊富に揃えています。中でも、プロシリーズは、デザイン、機能ともにオールジャンルに対応してくれます。世界のトップアスリートのリクエストに応える形で、ナイキは数々のウェアやアイテムを進化させてきました。

コンプレッションインナーのプロシリーズにおいても、その経験がしっかりと生かされています。軽量のストレッチ素材やメッシュ素材の組み合わせで設計されており、速乾性も高いので、長時間のワークアウトでも常に快適な状態をキープしてくれます。

(コンプレッションインナーパンツの効果とは?選び方と使用方法)

【アディダス】アルファスキン TEAM ロングスリーブシャツ

アディダスブランドからのおすすめコンプレッションインナーは、アルファスキンロングスリーブシャツです。体にフィットするしなやかで美しいデザインが魅力です。ダブルニットとメッシュの組み合わせによって、抜群の通気性を実現しています。

そのことで、筋肉の動きをサポートしてくれることのみならず、ウェア内を涼しく快適な状態に維持してくれるのです。さらに、ウェアの内面にはフラットロックシームを採用し、肌との摩擦を大幅に軽減したことで、さらに快適な着心地となりました。

【スキンズ】A200 DNAMIC CORE ロングスリーブトップ

多くのアスリートから、にわかに大きな注目を集めているブランドがスキンズです。

そして、同社の中で最も人気のコンプレッションインナーが、このA200 ダイナミックコアです。両サイドのメッシュパネルが最高の通気性を生み、快適な着心地を提供してくれます。

独自に開発したという動的段階的圧着設計で、激しいパフォーマンスにも負けない機能を誇っています。

【ジャウィン】01-52400ローネックロングスリーブ

ワークユニフォームに適したコンプレッションインナーとして人気のブランドが『Jawin(ジャウィン)』です。

同社の数あるラインナップからアイテムナンバー01-52004をおすすめします。季節を選ばないオールシーズンタイプで、常に快適な着心地が嬉しい1枚です。あらゆる動きをサポートする構造設計と、高い吸汗速乾加工をもたらす素材を使っているにもかかわらず、そのリーズナブルな価格で高いコストパフォーマンスを誇っています。