コンプレッションインナーパンツの効果とは?選び方と使用方法


コンプレッションインナーパンツをインターネットで検索すると、様々なメーカーの色々な種類のものがヒットします。どれを選んでも同じだと考えている人はいませんか?又、どれを選んで良いかわからなくなってしまった人もいるでしょう。

このページでは初めて購入しようとする人、更に新しいものを買おうという人のために、コンプレッションインナーパンツの効果と選び方・使用方法を解説します。

コンプレッションインナーパンツの主な5つの効果

コンプレッションインナーパンツは足全体に程よい圧力(コンプレッション)をかけるパンツです。この圧力を足にかけるということが、どのような役割や効果を生み出すのでしょうか?ここでは、コンプレッションインナーパンツの主な効果を5つ解説します。

1.疲れの軽減

コンプレッションインナーパンツを履くことで、足の筋肉に程よい圧力をかけることが出来ます。一般的に人は日常的にも運動をしているときにも、無意識に無駄な動きや筋肉を使っています。しかし、コンプレッションインナーパンツが程よい圧力を足にかけるので無駄な動きや筋肉の使用を抑えてくれます。

その為、履いているときは履いていない時よりも疲れを軽減できます。また、運動をするときはそのパフォーマンスの向上を助けます。

2.関節のサポート

コンプレッションインナーパンツはスポーツ等で使うテーピングのような役割も兼ねています。激しい運動や日々の疲れがたまってくると関節を圧迫します。この圧迫により関節の痛みが起こります。コンプレッションインナーパンツを履くことで関節もサポートしてくれますので関節痛の発生を抑えます。

3.血流をよくする

コンプレッションインナーパンツは足全体の筋肉に段階的にほどよく圧力をかけていくので血流が良くなります。人の体の血液は重力によって下に溜まっていきます。つまり、足に溜まっていきます。これが足のむくみなどの原因となります。

重力に逆らって血液を上半身に送り出す役割を担っているのが足の筋肉です。コンプレッションインナーパンツを履くことによって自身の足の筋肉をサポートしてくれます。

4.インナーウェアとしての効果

コンプレッションインナーパンツは体に圧力をかけるというだけでなく、従来のインナーとしての役割も果たしています。つまり、保湿性、保温性、速乾性、吸汗性などにも優れているので季節や用途に合わせて種類を変えることで快適に生活をすることが出来ます。

5.ダイエット効果

コンプレッションインナーパンツを履くことで血流を促すということは先ほど書きました。さらに、インナーとしての効果で保温性もあります。このことは体内の新陳代謝を促進させて、無駄な脂肪分を燃やすことにつながります。

つまり、コンプレッションインナーパンツを履くことでダイエット効果もあるのです。勿論、履いているだけで効果を期待するのではなく適度な運動もしましょう。

コンプレッションインナーの選び方、4つの注意点

それでは、多くの種類がある中でどのコンプレッションインナーパンツを選べばよいのでしょうか。コンプレッションインナーパンツの効果を踏まえて、選ぶときの注意点を4つ解説します。自身でコンプレッションインナーパンツを選ぶときはこの注意点を参考にしましょう。

1.サイズを合わせる

コンプレッションインナーパンツの使用は体に程よい圧力をかけることです。

したがって、自身よりも大きなサイズを選んでしまうと圧力がかかりません。逆に、小さなサイズを選んでしまうと、圧力がかかりすぎてしまい血流を止めてしまいます。その為、コンプレッションインナーパンツを購入する際は自身のサイズに合わせたものを選びましょう。

2.季節や気温に合わせる

コンプレッションインナーパンツには速乾性に優れていて、肌触りが冷たい素材で作られているものもあります。又、保温性に優れていて、肌触りが温かいものもあります。形にしても、ハーフパンツタイプのものもあればロングパンツタイプのものもあります。

コンプレッションインナーパンツを選ぶときは季節や気温に合わせて選ぶことが大切です。

3.用途に合わせる

コンプレッションインナーパンツは関節をしっかりとサポートするタイプや少し緩くサポートするタイプなどがあります。例えば、関節痛が気になる人はしっかりとサポートしてくれるものを選びましょう。又、例えばサッカーなどのスポーツのように関節を自由に動かしたいという場合は、少し緩めのものを選んだ方が動きやすくパフォーマンスを妨げることはありません。

(効果や着方とは?コンプレッションインナーについて知ろう!)

4.ファッションに合わせる

常に長いズボンを着用しているときにはコンプレッションインナーパンツを履いたとしても他人から見られることはないでしょう。しかし、短い履物の下にコンプレッションインナーパンツを履いた場合は他人から見えてしまいます。

コンプレッションインナーパンツには様々な色や形、デザインがあります。その為、自身のファッションに合わせられるようなものを選びましょう。

コンプレッションインナーパンツの使用方法と注意3点

コンプレッションインナーパンツが足に圧力をかけるという特性があるため、その使用方法によって色々な優れた効果が期待できます。しかしながら、使用方法を間違えるとデメリットもありますので注意が必要です。ここでは、どのような時に使用するのが望ましいか、どのような時に注意が必要なのか、ということを解説します。

スポーツ時に使用する

一般的なスポーツを行う時にコンプレッションインナーパンツを使用することで、自身のパフォーマンスをサポートしてくれます。常に自身の限界まで力を出し切ることで、能力の向上にもつながります。更に、スポーツにはつきものの怪我ですが、関節や筋肉をサポートしてくれるため関節痛や肉離れなどの防止になります。

コンプレッションインナーパンツはスポーツ時にとても役に立ちます。

仕事時に使用する

デスクワークを行う人で仕事中、常に椅子に座っていてる人もいるでしょう。ずっと椅子に座っていては血が下半身に溜まってきてしまいます。その為、デスクワークをする人はコンプレッションインナーパンツを履いて仕事中でも血流を促進させるようにしましょう。

また、肉体労働を行う人でも、筋肉のサポートや怪我の予防にもなるので仕事の効率を上げてくれます。

睡眠の時には使用しない

ここで、コンプレッションインナーパンツの使用方法で注意があります。睡眠時に使用するのは避けましょう。コンプレッションインナーパンツの効果として下半身の筋肉をサポートし血流を促すということは既に知っていると思います。

この効果は寝ている状態の時には脳みそに常に温かい血液を送り続けることになります。そうすると、脳みそがオーバーヒートしてしまいゆっくりと休むことが出来ません。睡眠は体温を下げることで脳を休ませる働きがあります。

睡眠時は脳を休ませるために使用は控えましょう。